Florida’s「同棲」法令:そうでなかった革命

Vol.161

Florida 82,No.6June2008Pg95Odette Marie Bendeck Family Law

F.S.§61.14(1)(b)に記載されているように、2005年に婚姻の変更のための支持関係根拠が制定され、家族法分野における他の最近の法律 法案が法律になるずっと前に、離婚した配偶者は、法律が既存の最終判断と和解契約の下でサポート義務にどのように影響を与えるかについての法的意見を求めていました。 新しい規定は、”ちょうどデートしていた疑いのない慰謝料の受信者の不当かつ厳格な治療を恐れているものから慰謝料と嘲笑を払っているものの観点から歓声と同時に迎えられました。”

問題の関連する法定用語は、”支持的関係”の存在と結果を扱っていますが、この規定は一般的に同棲法と呼ばれています。 しかし、同棲への言及は、誤った名称であるだけでなく、著しく誤解を招くものでもありません。 この法律は、同居人の間にいかなる権利も創設しません。 代わりに、元配偶者間の慰謝料義務の修正の基礎を成文化しています。1法定言語は、変更の基礎としての関係からの経済的帰結の重要性を明示的に規定しています:

この段落は、結婚に相当する経済的支援を提供する関係が存在し、再婚時に終了可能な慰謝料は、この段落に記載されている同等の衡平な状況が確立されたときに減少または終了することができることのみを認識している。 夫婦関係の存在は、関係の性質および範囲に関連する可能性があるが、この段落の規定の適用には必要ではない。2

この法定抜粋の強調された部分で述べたように、焦点は、問題の支持関係の夫婦ではなく経済的な現実にある。 この制限は、これまでの法律の下で決定された場合に有益であることが証明されています。 法律の発効日以来進化してきた先例を探索する前に、法律の制定に先行した背景のいくつかを提供することが有用です。

歴史的背景
新しい法定言語の前に、扶養家族を終了するための唯一の明るい基準は、いずれかの当事者の死または受信配偶者の再婚でした。 “重要な他の”受信者の配偶者のニーズの一部またはすべてを支払ったが、それにもかかわらず、受信者の配偶者は、実際の再婚が発生していないため、慰謝料を受け続けたときに頻繁に不満を払って配偶者があったシナリオ。 これらのケースで頻繁に遭遇する障害は、変更が永久的であることを証明することができないことでした—常に慰謝料の修正のために存在していた法定

以前の法律の状態によって奨励された行動についての社会学的観察もありました。 この懸念は、再婚を控え、代わりに慰謝料の終了を避けるための努力で結婚の外に同棲するインセンティブに起因する家族への影響を疑問視したブッシュ知事によって表明されました。3

これらの背景やその他の背景に対して、支持関係の法律が浮上した。 質問は今、”支持関係の法令が大幅に風景を変えたのですか?”以下でより完全に検討されるように、答えはノーです。 それにもかかわらず、制定後のケースは注目に値する興味深い問題を持っています。

上訴の決定これまでのところ
上訴事件の戦場は、変更の基礎が支持的関係である場合に、変更手続において慰謝料受領者の必要性が果たすべき役割 興味深いことに、”必要性”という言葉は、支持関係法令には決して現れません。 いくつかは、支持関係が存在していたときに必要性が適切な量の扶養家族を決定する上で中心的な役割を果たすことは公理的であると主張したが、他の人は断固として最小限に抑えたり、必要性が分析に全く場所を持っていたという概念を拒否したりした。

現在、支持関係法に基づく修正に対処する上訴の決定は4つだけである。 彼らはすべて11ヶ月の期間内に決定されています。 それは法律の発展にいくつかの関係を持っているので、ケースは時系列順に以下に対処されています。

最初の意見は、Donoff v.Donoff,940Soの第四地区によって発行されました。 2d1221(Fla. 第4回DCA2006)。 その場合、第四区は、支持関係の発見に基づいて下方修正を承認したが、慰謝料の量を十分に減らすことができなかったため、裁判裁判所を逆転させた。 事実上、元妻は”結婚に相当する10年間耐えていた支持関係を持っていたことが判明しました。”4裁判裁判所のエラーは、F.S.§61.08(2)の基準は、支持関係の結果として賞に慰謝料の適切な量の分析に適用されなかったという決定に起因しました。5控訴に関する中心的な質問の一つは、裁判裁判所が支援関係の変更の文脈で慰謝料のための受信者の必要性を考慮しなければならないかどうか

第四地区は、F.S.§61に記載されている要因であると推論した。08(2)は、”裁判裁判所の裁量権の行使を支配する基準を作成するために”存在し、それは順番に慰謝料の決定の結果を”より予測可能にする。”6Mirsky v.Mirsky、474Soの事前支持関係法令のケースを引用しています。 2d9(Fla. 5th DCA1985),ドノフの第四地区は、第五地区と整列しました,次のように述べます:

セクション61.14の下で慰謝料を変更する際に、これらの”関連する経済的要因”を排除することを目的とする法令は何もありません. 確かにセクション61。08(2)は、裁判所が法令の下で”慰謝料の適切な賞を決定している”ときはいつでも適用されることを指定します。 したがって、第五地区に参加して、適用されるすべてのセクション61.08(2)要因は、セクション61.14.7

に基づく修正手続において考慮されなければならな: “(d)各当事者の財源、それぞれに分配された非夫婦および夫婦の資産および負債…、および(g)いずれかの当事者が利用可能なすべての収入源。”8

裁判裁判所はこれらの要因を考慮していなかったため、可逆的な誤差は次のようになりましたcommitted.In 特に、意見は、元妻の投資収入の全額と元妻が税金のペナルティなしでアクセスできるIRA口座から利用可能な収入を考慮していないことに欠陥を見9

この意見は、裁定する慰謝料の額を分析する上で、裁判の裁判官は結婚中の生活水準の要因を過大評価していると述べている。10この意見は、裁判裁判所が、両当事者が家族の資源と収入を共有していたときに、結婚中に慣れていたのと同じライフスタイルに元妻を残す賞を作 裁判官ファーマーは、彼が裁判裁判所によって誤った計算として特徴とするもので問題を取りました: 11

事件の事実に法律を適用する際に、意見は、前妻の純資産は2百万ドルに近づいたが、前夫の純資産は320万ドルを超えていたと指摘している。 意見は、このような状況下では、結婚中の生活水準は、次のことを示す変更時に適切な慰謝料の量を決定する際に関連性がないかもしれないと述べて:

慰謝料を受けようとしている元配偶者の純資産は、貧困の恐れをかなり上回っており、すべての財源と収入が適切に考慮されたときに、適切なレベルで彼女の適切なニーズを満たすのに十分な財源と収入を超えているように見えるからである。12

第4地区はまた、慰謝料修正手続における証拠の負担を説明するために、ドノフの意見で機会を得た。 第四区(だいよんく)は、日本の衆議院議員総選挙における選挙区の一つである。 >>842そうなんだよ。 2d983,984(Fla. 1st DCA2003),これは、支払う配偶者が受信者の配偶者が同棲パートナーによってサポートされていることを確立したとき,負担は、慰謝料のための継続的な必要 証拠の負担をシフトするための理論的根拠は、真の経済状態は彼女の知識の中で一意であり、支払人に利用できない可能性があるため、受信側が”慰謝料の量を正当化すべきであるという概念に基づいています。”13

ドノフの事実に証拠分析の負担をシフトさせることを適用して、第四地区は、前妻が彼女の仲間からの実質的な支援の歴史と組み合わせて、彼女自身の したがって、”彼女の状況に重大な不利な変化があった場合には、名目上の支援が彼女を保護するのに十分であると思われた。”14差し戻しに関する指示は、裁判裁判所への問題のリターン時に成功の元妻の可能性の第四地区の見解については疑いを残しませんでした: “差し戻しに裁判裁判所は表示することができなければならない—彼女も、ほぼfinancial2万ドルの財源と重要な収入と彼女の同棲パートナーのサポートでそうすることができる場合—彼女は慰謝料のための任意の本当の必要性を持っているし続けていること。”15

次に決定されるケースは、Bagley v.Bagley、948Soでした。 2d841(Fla. 第1回DCA2007)、これはまた、必要性が支持的な関係修正の場合に関連する要因であるかどうかの問題を提起した。 意見は非常に短く、事実の暗唱を提供していません。 Bagleyでは、元夫は修正の拒否を訴え、支持的な関係が存在することが示された後、裁判裁判所は元妻の必要性を考慮せずに修正する義務があると主張した。 第一地区は、f.S.§61.14(1)(b)2は、裁判所の検討のための他の要因の非排他的なリストをカタログしているが、財政状況は適切なままであり、裁判所は妻の財政的必要性を考慮する権利があると結論づけた。16

第4地区は、Zeballos対Zeballosの場合、再びこの問題について検討した。 2d972(Fla. 第4回DCA2007)。 Zeballosは、支持関係の疑惑と、自発的な退職やその他の要因に基づいて支払う能力の疑惑の減少に基づいた修正を提示しました。 ドノフと同じように、第四地区は、慰謝料を十分に減らすことができなかったために裁判裁判所を逆転させた。17

元妻が氏と結婚するために婚約していたため、支持関係が存在することが判明した。 彼らは三から四年間キャンプし、彼らは五年間キャンプ氏が提供する家で彼女の子供たちと一緒に住んでいました。 元妻には収入がなかった。 キャンプ氏は、元妻の子供たちのためにすべての費用を支払っていました。18

裁判裁判所は、実際の退職日から月額350ドルへの慰謝料の減額を認めた。 第四地区は裁量基準の乱用を適用し、削減が十分に行っていなかったと結論づけ、逆転しました。 上訴裁判所は、退職時には、元夫は月額$1,149の収入が限られており、それに応じて慰謝料で$350の支払いは”まだ彼の裸の自給自足収入の約三分の一であると指摘した。”19対照的に、第四地区は、”元妻の費用はすべて彼女の婚約者によって支払われ、彼女はもはや慰謝料の必要性を持っていない”と述べました。”20差し戻しで、裁判裁判所は、裁判裁判所が将来的に大幅に変更された状況に基づいて変更する管轄権を保持できるように、年間$1に慰謝料義務を減

支持関係問題に関する最新の上訴判決は、第2地区からのものである。 バクストン対バクストンでは、963そう。 2d950(Fla. 2d DCA2007),裁判裁判所は、元妻が支持的な関係に従事していなかったと結論した後、変更を拒否しました.21第二地区は、事実上の調査結果が裁判裁判所の結論を支持していないと結論づけ、逆転した。

バクストン事件は、上訴裁判所が非常に説得力があると判断した事実を調べるためのユニークな機会を提供し、裁判裁判所の判決の逆転を必要とした。 意見は見逃されるべきではない特定のトーンで事実を述べていますが、スペースの制限はここで簡単な要約を許可するだけです。

元妻とワスコは、関係が始まる前に元妻が所有する家で10年間一緒に暮らしていた。 Wascoの関係前の住居はテナントにリースされました。 彼の運転免許証と有権者の登録簿には、元妻の家が彼の住居として記載されていました。 彼らはベッド、雑用、メンテナンス、および維持費を共有しました。 ワスコが家賃を支払ったという証言がありましたが、元妻は彼女の納税申告書で収入と同じことを宣言したことはありませんでした。22

裁判裁判所は、Wascoが財政的および感情的な支援を提供したにもかかわらず、1)彼らは共同銀行口座を持っていないため、資産をプールしていないこと、2)前妻が雇用されていたため、Wascoは”完全に彼女をサポートしていない”という理由で支持関係がなかったことを発見した。23

第2地区は、事実上の調査結果の大部分は、資産のプールがないという裁判裁判所の判断を除いて、有能で実質的な証拠によって支持されていること 意見は、共同銀行口座に流動資産の混ざり合いはなかったが、元妻とワスコは実際に生活費のために資産をプールしていたと述べている。 この結論の証拠として、控訴裁判所は、彼らが食事を持っていたときにカップルが別々のチェックを要求しなかったことを指摘しています; 彼らは食料品店でそれぞれの商品を分離して独立して支払うことはなく、旅行の費用を均等に分担することはなく、元妻は修正請願書の提出後までワスコの家賃を課税所得として主張したことはなかった。 上記の要因の中で最も重要なものとして、家賃を収入として報告しなかったことが挙げられました。24

この意見は、事実を法的枠組みに適用することに次いで、裁判裁判所は支持的な関係を見つけることができなかったことを誤りと結論づけている。 その結論に達すると、第二地区は簡潔に次のように事実を要約しました:”Wascoはormer ifeに経済的および財政的支援を提供しています。 元妻とWascoは、結婚と同等の経済的および社会的支援の両方を提供する長期的で献身的な関係にあります。25

第二地区によると、裁判の誤りは、支持関係が慰謝料の受領者が新しい仲間によって完全に支持されることを必要とするという前提から始まった。 その見解では、”セクション61には何もありません。14(1)(b)”支持的な関係”が存在することができる前に、受信者の配偶者が同居者に完全に依存することを要求します。”26この法律は、F.S.§61.14(1)(b)(2)(d)は、当事者がお互いをサポートしている範囲に関連する問い合わせを行うという点で、より低い基準を作成します”全体的または部分的に。27

第二地区は、差し戻しに関する指示において、裁判裁判所と実務家にもう一つの非常に重要なガイダンスを提供しています。 意見は、支持的な関係が存在するとみなされると、差し戻しの唯一の問題は、慰謝料を削減または終了するかどうかであると述べています。 この意見は、上院職員の分析文書に起因する混乱の可能性について懸念しており、支持関係法令は”現行法の場合のように、財政状況の変化があったことを最初に見つけることなく、慰謝料を減らすか、または終了するための裁判所に代替方法を提供することであった”と結論づけていた。”28

第二地区は、職員分析文書から引用された言語が、受取人の配偶者のニーズを考慮する要件を廃止する立法意図と解釈できることを懸念していた。 意見は、受信者の配偶者のニーズはまだ支持的な関係が確立された後、慰謝料を終了または削減するかどうかの分析の不可欠な部分であることを、その結論に到達する上で、全体として制定前の判例法と法令をレビューします。

第二地区は、立法史が必要要件を廃止したという示唆にもかかわらず、法律自体の言語がそうでないことを示していることを発見した。29同様に、新しい法律は、支持関係が存在することが判明した後、裁判裁判所がその裁量を行使すべき方法について沈黙していたにもかかわらず、第二30その結論に達すると、第二地区は、F.S.§61.08(2)に記載されている要因がF.S.§61.14(1)(b)に基づく修正手続に適用されることを保持する上で、第一、第四、および第五31

結論
裁判所が法定要因に特定の事実をどのように適用したかは、一部の実務家を驚かせるかもしれない。 しかし、法律のこの分野では、家族法の分野の他の多くの分野と同様に、一人で立っている事実が特定の結果を強いることはまれです。 代わりに、状況の全体は、法律が意図したように、支配するように見えます。

それにもかかわらず、支持関係に基づいた修正問題について決定された四つの上訴事件では、二つの明確な傾向が浮上している。 第一に、支持的な関係が存在することを確立することは、それ自体では変更を強制するものではありません。 第二に、慰謝料の受信者のニーズが実際に減少していることの証拠がなければなりません。 これらの問題に達した上訴裁判所は、これらの概念に同意しているように見えます。

より多くのケースがシステムを介して、上訴レベルまで機能するように、上記のような既存の傾向は継続する可能性が高い。 紛争の新興地域については、最も肥沃な土地は、以前の和解契約の下で変更されているように見えるでしょう。 特に、将来の変更の制限に関する和解契約に言語が関与する場合は、上訴段階に現れる可能性が高い。 同様に、支持関係法令を前にした組み込みの同棲条項との和解契約は、適切な解釈の問題について積極的に訴訟を起こすことになるでしょう。 したがって、この記事は副題で革命は発生していないことを示していますが、おそらく革命はまだ発生していないと言う方が正確でしょう。

1法律は、この州のすべての結婚がライセンスの下で厳粛にされるという要件を廃止するものではなく、コモンローの結婚が有効であると認識していないことを明示的に述べている。; そして、事実上の結婚を認識していません。

2 スタット §61.14(1)(6)(強調が追加されました).

3ジェブ-ブッシュ知事からデイビッド-マン国務長官への手紙(June10,2005)(法案の承認を得て提出)を参照してください。

4ドノフ対ドノフ、940そう。 1222年から1223年までの間に、第2次世界大戦が勃発した。

5 1223.

6

7

8 (Flaを引用。 スタット §61.08(2) (2005)).

12月23日-24日に開催された。

10

11 1225

12

13Id. 1226年に死去した。

14Id.

15

16,948 2d841(引用Donoff v.Donoff,940So. 2d1221(Fla. 4th D.C.A.2006);Fla. スタット §61.08(2)).

17Zeballos v.Zeballos,951So. 2d972,975(Fla. 第4回D.C.A.2007)。

18Id. 973-974

19Id. 975

20

21バクストンの意見は、支持的関係修正事例の控訴に関するレビュー基準の朗読についても慎重な研究に値する。 第二地区は、裁判裁判所の決定は、法律と事実の混合問題を提示し、したがって、見直しの混合基準を求めたと結論付けました。 裁判裁判所の純粋に事実に基づいた調査結果は、有能な実質的な証拠によって支持されなければならない。 これらの事実が支持的な関係を確立するかどうかについての裁判裁判所の結論を見直す際に、上訴裁判所のレビューはde novoです。 裁判裁判所が支持的な関係が存在すると判断した場合、慰謝料を削減または終了する裁判裁判所の決定に関するレビューの基準は、裁量の乱用です。

22バクストン、963そう。 952-53

953であった。

24 954であった。

25

26

(強調が追加されました)。

28Id. 951である。 (Sen.Staff Analysis,C.B./S.B.152at12(Feb. 25, 2005)).

955

30 955-956

Odette Marie Bendeckは、Fisher&Bendeck,P.A.のマネージングパートナーであり、夫婦および家族法で認定された取締役会です。 ベンデック氏は現在、家族法セクションCLE委員会の共同秘書を務めています。 彼女はバーや一般市民のための様々な家族法のトピックを執筆し、講義しています。

このコラムは、家族法セクション、Allyson Hughes、chair、およびSusan W.SavardとLaura Davis Smith編集者を代表して提出されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

lg