法律作家と編集者のFindLawのチームによって作成されました|最終更新日12月03, 2018

ほとんどの犬は、彼らの周りの人々に無限の交際を提供するために満足しているが、でも、最も従順な犬は、特定の状況下でスナップすることができます。 その結果、毎年何百万人もの人々が犬に噛まれています。 犬の咬傷の傷害は、医学的、法的、財政的に大きな影響を及ぼす可能性があるため、犬の咬傷後に何をすべきかを知ることが重要です。 これらのタイプの事件の後に取るべき重要なステップについての詳細を学ぶために読んでください。

犬の咬傷の後に何をすべきか:最初のステップ

犬の咬傷の後に何をすべきかを知ることは、あなたの健康とあなたが取る必要があるかもしれない 犬の咬傷後の重要な最初のステップには、次のものがあります:

  • 医療:特に穿刺の傷およびより深刻な傷害のために、すぐに医師の診察を追求することは重要です。 いくつかの犬は狂犬病の予防接種を受けておらず、穿刺傷は感染しやすい。 可能であれば、行われた害をより正確に文書化するために、治療する前に傷の写真を撮ってください。
  • 情報交換:交通事故の余波と同様に、犬の予防接種の履歴を確認するために、事件後に簡単に連絡できるように、犬の飼い主または世話人と情報を交 この情報には、その人の名前、住所、および連絡先情報が含まれている必要があります。
  • : あなたが噛まれたか、あなたの犬が他の誰かを噛んだかどうかにかかわらず、事件を目撃した人のための連絡先情報を必ず入手してください。 訴訟や保険金請求の必要性がある場合は、目の証人のアカウントは、何が起こったかのより正確な画像を提供することができます。
  • 動物管理:あなたの地元の動物管理機関に報告書を提出することは、将来の犬の咬傷を防ぐのに役立ち、事件の調査はあなた自身のケースを助ける可

これらの最初のステップを実行することで、犬の咬傷に対する補償に関する後の公正な合意に至るプロセスが容易になります。

犬の咬傷を文書化する

上記で概説した最初のステップに加えて、文書化は犬の咬傷の後に何をすべきかの重要な要素でもあります。 まず、目に見える怪我や、痛み、可動性の低下、特定の機能を実行できないなどの怪我の影響を含む、咬合に関連する怪我を文書化します。 この文書は、写真、仕訳、医療記録、およびその他の書面による記録の形式にすることができます。 さらに、事件の直後に、あなたが覚えていることができる限り多くの詳細で咬合を取り巻く出来事や状況を書き留めてください。

保険会社や訴訟を扱っている可能性があるので、証人、他の当事者、保険会社自体を含む他の人との通信を文書化することをお勧めします。 さらに、医療費、失われた賃金、旅費など、犬の咬傷の結果として発生する費用の記録を保管してください。 あなたが事件に関して持っているより多くのドキュメントは、簡単にそれはあなたがあなたの怪我のために値する補償の量を評価することにな

犬の咬傷弁護士に連絡する

犬の咬傷はこのような一般的な発生であるため、犬の咬傷保険金請求、和解、訴訟を扱う豊富な経験を持つ弁護士がいます。 これらの弁護士は、通常、犬の咬傷の犠牲者が受け取るべき正確な量の補償に到着することに精通しています。 これらの金額には、多くの場合、失われた収入と収益の可能性、痛みと苦しみ、およびその他の費用の詳細な計算が含まれます。 彼らはまた、彼らの状態の犬の咬傷法と彼らが見た同様のケースの結果に基づいて、クライアントの成功の可能性を評価した経験を持っています。

最後に、犬の咬傷の弁護士は、相手の保険会社に対処し、和解を交渉するのに役立ちます。 保険会社は、低決済の提供を受け入れるように人々を得る経験がたくさんありますが、犬の咬傷弁護士は、保険会社や他の弁護士が使用する戦術に非常に精通しており、公正な決済を得るために使用する最良の議論と証拠を知っています。

犬の咬傷の後に何をすべきか:弁護士とあなたの法的選択肢を探る

犬の咬傷の後に何をすべきかを知ることは、あなたが必要とするケアとあな しかし、あなたの状況に適用される州法、あなたが受け取るべき報酬の種類、公正な和解を達成する可能性を知ることはまだ難しいかもしれません。 巧妙な個人的な傷害の訴訟のあなたのチャンスを高めるためには、あなたの区域のベテランの個人的な傷害の代理人と相談することは最もよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

lg