ディスカッション

本研究では、びまん性冠動脈疾患(CAD)を有するCABG手術における冠動脈内切除術の転帰を評価し、びまん性CADの完全な血管再建がCABG後の早期および後期術後の転帰を増強することを示した。 研究集団の平均年齢は、それぞれ61.25±5.5と59.75±2.5動脈内切除術と唯一のCABGグループであった。 本研究では、CE群の患者あたり1.24endarterectomiesが必要です。 総動脈内切除術のうち、二つの第三動脈内切除術は、左冠動脈領域で行われ、平均移植数はそれぞれCE群と唯一のCABG群で3.21±0.25と3.02±0.15であった。 それぞれ二つのグループで心肺バイパスサポートを必要とする唯一の13.29%と3.84%のケースがありました。 術後ICU死亡率および30日の死亡率は、両方の研究グループで最小であり、すべての患者はLV機能不良(EF<30%)グループに属していた。 本研究では、より多くの血液の平均は、動脈内切除群(p値<0.05)とCABGで手術後に輸血されました。 5年の中央値フォローアップでは、患者のほとんどは両群で狭心症フリーであったが、術後MIおよび心房細動率の発生率は、動脈内切除群(p値<0.05)で高かった。

びまん性冠動脈疾患の治療戦略として冠動脈内膜切除術(CE)が60年前に発表されたにもかかわらず、周術期の危険性が高く、長期生存率が低いため、その適用は議論の余地がある。3,8-10しかし、マルチ血管CAD患者のための完全な心筋血管再建は、周術期の罹患率および死亡率および入院期間の頻度を減少させるように見えた。10月12日の研究では、Jones et al. 完全な心筋血管再建は、周術期転帰、心室機能、早期および後期術後の罹患率および死亡率に影響を与える最も重要な成分であると思われることが観察された。13LADのendarterectomyがより高い危険であるけれども、しかしLADの完全なrevascularizationはpost-operative患者の回復の重大な決定要因として考慮されます。7-10、14本研究では、冠動脈内膜切除術の約75%が左冠動脈領域で行われ、結果は満足のいくものであった。 レビューでは、Eryilmaz et al. 冠状動脈内切除術の技術だけでなく、管理はまだ論争の問題であることを説明しました。しかし、多くの研究では、CE手順の閉鎖技術がより簡単であり、小さな切開を介して容易に実施され、再建が容易であることが観察された。3,5,12-16しかし、潜在的な危険性は、プラークの不十分な追放であり、”除雪効果は、”側枝のプラークのシャーリングオフを意味します。 しかし、オープン技術CEでは、ビジョンが優れており、それは冠動脈からまた側枝からアテロームのより多くの全体の追放を促すことができます。10,15-17多くの心臓外科医は、CEのための閉じた牽引技術を好んだが、オープン戦略のために時間がかかり、必要なパッチ修復であり、また心筋収縮は、いくつかの公開された記事でサポートされているオフポンプ鼓動心臓CABG中のアテロームの抽出を助ける。5-8,16

術後の抗凝固療法は、CE処置後の周術期心筋侵害を予防する上で重要な役割を果たしている。 研究では、Papakonstantinou et al. 術後の厳格な抗血小板および全身ヘパリン注入による抗凝固管理に続いて数ヶ月間のワルファリン療法がより良い移植片開存率を提供することが観察された。18さらに、ヘパリンの組織的注入はワルファリンがこの調査の結果類似している2.0と2.5間のターゲット国際的な標準化された比率と有効になるまで 本研究では、冠動脈内動脈切除後、定期的なヘパリン注入は、移植片またはネイティブendarterectomized動脈の血栓症を予防するために処方され、次の3-6ヶ月間経口ワルファリンに橋渡しされ、これはまた、他の記事でサポートされています。3,8,15-19本研究では、術後ICUおよび30日死亡率はそれぞれ2.19%および0.59%であり、この死亡率は、LAD動脈内切除術、多血管CE、術前のLV機能の低下(EF<30%)のような特定のグループの患者の間でより一般的であった。しかし、10-14、19、Careagaらによる小さな一連の研究では、10-14、19、19。 しかし、多くの著者は、2-15%のOPCABGとCE後の早期死亡率の平均頻度を説明しました。15-18,20さらに、研究では、Adhikary et al. 約10%の患者が心臓手術後の神経学的合併症に苦しんでいることが観察され、21が、我々の研究では1.8%の患者のみが他の研究の所見と一致する完全な回復を伴う術後神経学的合併症を有していた。5,8,17

Gill et al. 大伏在静脈導管と比較してendarterectomized血管へのIMAの内腔開存性を有する満足のいく早期および後期の臨床結果を示す。22しかし、GhatanattiとTeliは、最近発表された43(2000-2015年)の研究論文の合計を含むメタアナリシスを行い、現在入手可能な証拠がびまん性冠動脈疾患のオフポンプCABG23長期移植片開存率は、しかし、生存曲線は、オープンとクローズド技術endarterectomyの両方のための5年間のフォローアップで静的なまま、オープンendarterectomy技術で優れていた。 さらに、GhatanattiとTeliは、多血管CEが罹患率と死亡率の全体的な発生率を増加させ、総動脈CABG手順は、この現在の研究結果と一致する高リスク集団におけるより良い長期生存と関連していることを観察した。Qiu et al.による別の最近の研究では、23。 また、びまん性冠動脈疾患では、CEは優れた中期生存率だけでなく、移植片開存率を有する患者の選択グループのための安全かつ実行可能な手順であるこ24CEは、LAD動脈で行われ、リマ導管で移植されたときに、より良い全体的な結果を提供する。 冠動脈内動脈切除術は、他の著者によっても支持されている選択した患者群における冠動脈再建および完全な心筋血管再建の代替選択を提供する。研究Naseriらで3,8,19-23. CT血管造影で移植片および内動脈切除動脈における完全にブロックされたまたは有意な狭窄の発生率が高く、術後MI率(6.8%)の発生率が高いことを示25それにもかかわらず、この研究では、CT血管造影による移植片開存率の評価は64.44%の開存率を5年間のフォローアップで明らかにし、これは他の最近の研究結果と同様である。5,8,21-24本研究における移植片開存率のこの優位性は、抗血小板療法と抗凝固療法を組み合わせた固定管理プロトコルによるものである可能性があ

cabg手術だけでは、びまん性病変、ステント再狭窄、左室機能不全を伴う複雑なCADの存在下で完全な血管再生を提供するのに十分ではなく、cabgに加えて冠動脈内 しかし、外科的スキルと術後の抗凝固療法は、我々の研究の重要な流れのままであり、CEは、死亡率の予測因子の分析において死亡率と独立して関連してい

結論

冠状動脈内切除術は可能であり、長期生存率および移植片開存率が優れたびまん性冠動脈疾患患者における全心筋血管再建のための良好な外科的選択肢である。 さらに、CEは、術後の左心室機能の改善だけでなく、NYHA機能クラスを生じる最適な心筋血管再生を提供します。 しかし,手術スキル,患者の選択基準,術後抗凝固療法は,CABG手術によるCE後のより良い転帰のためのキーワードである。 全体として、動脈内切除術はCABGのプロシージャの場所を取るべきではないが、この技術はびまん性石灰化された冠動脈疾患のCABGの外科へ付加的であり、ceは冠状動脈のバイパス外科を経ているあらゆるIHDの患者のために好都合ではない。

謝辞

著者は、研究レジストリデータの充実と完璧さを確保するための熱心なサポートのために、すべての研究参加者に感謝したいと思います。

利益相反:著者は、著者または研究活動のいずれかに関して潜在的な利益相反を宣言していません。

  1. Song Y,Xu F,Du J,Zhang J,Feng W.冠動脈バイパス移植による冠動脈内切除術は、単離された冠動脈バイパス移植と比較して移植片開存性を減少させる:メタアナリシス。 2017年、25:30-36に放送された。
    土井:doi.org/10.1093/icvts/ivx045
  2. ベイリー CP,May A,Lemmon WM. 人間の冠状動脈内膜切除後の生存。 J Am Med Assoc. 1957;164:641-46.
    土井:doi.org/10.1001/jama.1957.02980060017005
  3. Ranjan R,Adhikary D,Saha H,Saha SK,Hasan K,Adhikary AB. オフポンプ冠状動脈バイパス移植中に右冠動脈から抽出された冠状動脈アテローム。 Bangabandhu Sheikh Mujib Med Univ J.2017;10:97-100.
    土井:doi.org/10.3329/bsmmuj.v10i2.32706
  4. Adhikary AB,Ranjan R,Saha H,Saha SK,Adhikary D,Mandal S.虚血性心疾患における冠状動脈内膜切除術に関する全身レビュー。 胸の心臓ジャーナル。 2017;41:66-72.
  5. Ranjan R,Adhikary D,Acharya M,Chakravarty S,Saha SK,Adhikary AB. 冠動脈バイパス移植術中に抽出された冠動脈アテロームの病理組織学的分析。 Bangabandhu Sheikh Mujib Med Univ J.2018;11:226-30.
    土井:doi.org/10.3329/bsmmuj.v11i3.37827
  6. LaPar DJ,Anvari F,Irvine JN,Kern JA,Swenson BR,Kron IL,et al. 冠動脈バイパス移植中の転帰に対する冠動脈内動脈切除術の影響。 Jカード.2011;26:247-53.
    土井:doi.org/10.1111/j.1540-8191.2011 01247x
  7. Ranjan R,Adhikary D,Mandal S,Seedher A,Adhikary AB. バングラデシュにおけるびまん性冠動脈疾患患者における冠動脈バイパス移植を伴う冠動脈内切除術の結果:レトロスペクティブコホート研究。 JRSM Cardiovasc Dis. 2017;6:1-7.
    土井:doi.org/10.1177/2048004017732658
  8. 冠状動脈のendarterectomy:広範な遠位atherosclerotic冠状病気の患者のための外科技術。 Adv心臓外科.1998;10:197-227.
  9. Erdil N,Cetin L,Kucuker S,Demirkilic U,Sener E,Tatar H.びまん性右冠動脈疾患に対する閉鎖性endarterec tomy:初期の結果withDOI:doi.org/10.1111/j.1540-8191.2001.tb 01137x
  10. Ranjan R,Adhikary D,Mandal S,Adhikary AB. 冠状動脈内膜切除術のレビュー-過去、現在、および未来。 Int J current innovation Res.2017;3:719-23.
  11. vafaey HR,Salehi Omran MT,Abbaspour S,Banihashem N,Faghanzadeh Ganji g.冠動脈バイパス移植を有する患者における冠動脈内切除後の抗凝固療法。 カスピ海JインターンMed. 2018;9:27-31.
  12. Djalilian AR,Shumway SJ. 付加的な冠状endarterectomy:現代心臓外科の改善された安全。 Ann Thorac Surg.1995;60:1749-54.
    土井:doi.org/10.1016/0003-4975(95)00810-1
  13. Jones EL,Craver JM,Guyton RA,Bone DK,Hatcher Jr.CR,Riechwald N. 冠状動脈バイパス手術における完全血管再生の重要性。 アム-ジェイ-カーディオル 1983;51:7-12.
    土井:doi.org/10.1016/S0002-9149(83)80003-4
  14. Vohra HA、Kanwar R、Khan T、Dimitri WR。 冠状動脈内切除術によるオフポンプ冠動脈バイパス移植手術後の早期および後期の結果:単一センター10年の経験。 Ann Thorac Surg.2006;81:1691-96.
    土井:doi.org/10.1016/j.athoracsur.2005.12.028
  15. Eryilmaz S,Inan MB,Eren NT,Yazicioglu L,Corapcioglu T,Akalin H.オフポンプ冠動脈バイパス手術を伴う冠動脈内動脈切除術。 Ann Thorac Surg.2003;75:865-69.
    土井:doi.org/10.1016/S0003-4975(02)04500-9
  16. Beretta L,Lemma M,Vanelli P.冠状動脈「開放」動脈内切除術と再建:伏在静脈とima移植片を用いた血管再建の短期および長期の結果。 Eur J Cardiothorac Surg.1992;6:382-87.
    土井:doi.org/10.1016/1010-7940(92)90177-Y
  17. Christakis GT,Rao V,Fremes SE,Chen E,Naylor D,Goldman BS. 冠状動脈内切除術はバイパス手術の結果に悪影響を及ぼしますか? Jカード外科1993;8:72-78.
    土井:doi.org/10.1111/j.1540-8191.1993.tb 00577x
  18. Papakonstantinou NA,Baikoussis NG,Apostolakis E.冠状動脈内膜切除術:古いレシピからの新しい味. 心臓病のジャーナル、2014;63:397-401。
    土井:doi.org/10.1016/j.jjcc.2014.02.005
  19. Ranjan R,Adhikary AB. オフポンプ冠動脈バイパス移植による冠動脈内切除術の結果:レトロスペクティブ研究。 Bangabandhu Sheikh Mujib Med Univ J.2017;10:189-94.
    土井:doi.org/10.3329/bsmmuj.v10i2.32706
  20. Careaga RG,Salazar GD,Tellez LS,Arguero SR.心肺バイパスを伴わない冠動脈内動脈切除およびバイパス移植。 レヴ-エスパー-カルジオール 2003;56:515-18.
  21. Adhikary D,Ranjan R,Mandal S,Adhikary AB. 心臓手術後の術後の神経学的合併症。 2017年3月24日から26日まで放送された。
  22. ギルは、Beanlands DS、Boyd WD、Finlay S、Keon WJ。 びまん性冠状病気のための左の前方の下行のendarterectomyそして内部胸動脈のバイパス。 Ann Thorac Surg.1998;65:659-62.
    土井:doi.org/10.1016/S0003-4975(97) 01301-5
  23. Ghatanatti R、Teli A.冠状動脈内膜切除術:最近の傾向。 J Clin Diagn Res.2017;11:1-4.
    土井:doi.org/10.7860/JCDR/2017/27036…..10339
  24. Qiu Z、Chen X、Jiang Y、Wang L、Xu M、Huang F、Shi H、Zhang C.びまん性冠動脈疾患患者に対するオフポンプおよびオンポンプ冠動脈内切除術の比較:早期および中期転帰。 J Cardiothorac Surg.2014;9:186-94.
    土井:doi.org/10.1186/s13019-014-0186-5
  25. Naseri E,Sevinc M,Erk MK. オフポンプと従来の冠状動脈内切除術の比較。 ハートサーガフォーラム… 2003;6:216-19.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

lg