マーティン-ドレイク発電所(Martin Drake Power Plant)は、コロラド州コロラドスプリングス市が所有-運営する207.3メガワット(MW)の石炭火力発電所である。

場所

マップをロードします。..

プラントデータ

  • 所有者:Colorado Springs Utilities
  • 親エンティティ:コロラド州コロラドスプリングス市
  • プラント名札容量:257.3MW(メガワット)
  • ユニットと稼働日:Unit5:50.0MW(1962)、Unit6:75.0MW(1968)、Unit7:1323MW(1974)
  • 位置:700Conejos St.,Colorado Springs,CO80903
  • GPS座標: 38.824155, -104.831411
  • 技術:亜臨界
  • 石炭の種類:亜瀝青
  • 石炭消費量:
  • 石炭源:北アンテロープロシェル鉱山(ピーボディ)
  • 従業員数:
  • 単位退職:ユニット5は2016年に引退した。

ユニット

工場は石炭燃焼ユニット5-7で構成されています。 5号機は2017年3月にオフラインになった。 6-7号機は2035年までに閉鎖され、おそらく2025年までに汚染の懸念のために閉鎖される予定です。

Colorado Springs Utilitiesは、2020年の統合資源計画の中で、2030年末までにすべての石炭発電を廃止することに取り組んでいると述べた。 マーティン-ドレイク発電所は2023年末までに、レイ-ニクソン発電所は2030年末までに引退する予定である。

  • 2006 CO2排出量:2,256,177トン
  • 2006SO2排出量:
  • 2006SO2排出量/MWh:
  • 2006NOx排出量:
  • 2005水銀排出量:

マーティン-ドレイク発電所からの微粒子汚染に起因する死亡と病気

2010年、Abt Associatesは、石炭火力発電所からの微粒子汚染に起因する死亡やその他の健康影響を定量化する非営利の研究および擁護団体であるClean Air Task Forceから委託された研究を発表した。 微粒子の汚染はすす、重金属、二酸化硫黄および窒素酸化物の複雑な混合物から成っています。 これらの粒子の中で、最も危険なのは2未満のものです。彼らは肺の自然な防御を回避することができ、血流に入り、重要な器官に輸送されるように小さい直径の5ミクロン。 影響は、高齢者、子供、および呼吸器疾患を有する人々の間で特に深刻である。 この研究では、毎年13,000人以上の死亡者と数万人の慢性気管支炎、急性気管支炎、喘息、うっ血性心不全、急性心筋梗塞、不整脈、虚血性心疾患、慢性肺疾患、肺炎の症例が、米国の石炭火力発電所の排出による微粒子汚染に起因することが判明しました。 これらの死と病気は、石炭の外部コスト、すなわち公衆に与えられた補償されていない害の主要な例である。 低所得者や少数民族は、企業が豊かなコミュニティの風上に発電所を設置することを避ける傾向があるため、不釣り合いに影響を受けています。 各石炭プラントからの微粒子汚染の健康への影響を収益化するために、Abtは、政府および民間の研究の範囲に基づいて、各7,300,000の死亡率にeach2010の値を割 病気の評価は喘息のエピソードのためのchronic52から慢性気管支炎の場合のための4 440,000まで及んだ。

表1: マーティン-ドレイク発電所からの微粒子汚染に起因する死と病気

影響の種類 年間発生率 評価
死亡 8 $61,000,000
心臓発作 13 $1,400,000
喘息発作 160 $8,000
入院のご案内 6 $140,000
慢性気管支炎 6 $2,500,000
8 $3,000

出典:”発電所の汚染からあなたのリスクを見つける”Clean Air Task Force interactive table,accessed February2011

Citizen groups

  • Clean Energy Action
  • Environment Colorado
  • Rate Payers United of Colorado
  • Sierra Club Rocky Mountain Chapter
  • Wind Power Solutions

記事とリソース

ソース

  1. “Eia923 2020年3月”EIA923 2020.
  2. “予備月間発電機在庫”eia.gov2020年3月
  3. 「ドレイク発電所での大気汚染の測定について計画されていますか」KOAAニュース、2017年3月1日
  4. Billie Stanton Anleu、「Colorado Springs Utilities board seals fate for Drake unit」、The Gazette、1月20, 2016
  5. “コロラドスプリングスはまだ都市の中心部に石炭を転がすが、住民が発煙するように2025年までにドレイク工場を閉鎖する可能性がある”デンバーポスト、Nov16, 2017
  6. “エネルギー総合資源計画、”csu.org2020年6月21日発売。
  7. “石炭からの通行料: アメリカの最も汚いエネルギー源からの死と病気の更新された評価、”クリーンエアタスクフォース、九月2010。
  8. Abt Associates、JulyによるClean Air Task Forceのために作成された”Powerplant Impact Estimatorソフトウェアツールの技術サポート文書”2010
  • 米国における既存の発電ユニット、2005年、エネルギー情報管理、アクセスJan。 2009.
  • 環境保全プロジェクト、”汚れたキロワット:アメリカで最も汚染された発電所”、July2007。
  • 米国施設登録システム 環境保護庁、1月にアクセスしました。 2009.
  • 行動データベースのための炭素モニタリング、2月にアクセス。 2009.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

lg