DBMSは、データベースクエリと更新を表現するために、ユーザーのカテゴリごとに適切な言語とインターフェイスを提供する必要があります。 データベース言語は、コンピュータ上のデータベースを作成し、維持するために使用されます。 Oracle、MySQL、MS Access、dBase、FoxProなどの多数のデータベース言語があります。 OracleおよびMS Accessで一般的に使用されるSQL文は、データ定義言語(DDL)、データ制御言語(DCL)、およびデータ操作言語(DML)に分類できます。

このチュートリアルでは、次のトピックについて説明します:

データ定義言語(DDL)

ユーザーがデータと他のタイプのデータとの関係を定義することを可能にする言語です。 これは、主にデータベース内のファイル、データベース、データ辞書やテーブルを作成するために使用されます。

また、各テーブルの構造、各属性に関連する値のセット、整合性制約、各テーブルのセキュリティおよび許可情報、およびディスク上の各テーブルの物理スト

次の表に、SQLでのDDLステートメントの使用方法の概要を示します

SQLでのDDLステートメント

データ操作言語(DML)

データベースに保持されているデータの基本的なデータ操作操作をサポートするための一連の操作を提供する言語です。 これにより、ユーザーはデータベースからデータを挿入、更新、削除、取得することができます。 データ取得を伴うDMLの部分は、クエリ言語と呼ばれます。

次の表に、SQLでのDML文の使用方法の概要を示します:

SQLのDML文

データ制御言語(DCL)

DCL文は、GRANTやREVOKEなどの文を使用して、データおよびデータベースへのアクセスを制御します。 権限は、GRANT文を使用してユーザーに付与することができます。 割り当てられる権限は、SELECT、ALTER、DELETE、EXECUTE、INSERT、INDEXなどです。 権限の付与に加えて、REVOKEコマンドを使用して、権限を取り消す(取得する)こともできます。

次の表に、SQLでのDCL文の使用方法の概要を示します:

SQLのDCL文

実際には、データ定義言語とデータ操作言語は2つの別々の言語ではありません。 代わりに、構造化クエリ言語(SQL)などの単一のデータベース言語の一部を形成するだけです。 SQLは、DDLとDMLの組み合わせ、および制約の指定およびスキーマ評価のための文を表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

lg