サイバー賠償責任保険をお持ちの場合は、会社の保険会社にお問い合わせください。

サイバー責任ポリシーは、データ侵害への対応に関連する費用の一部を支払うことになります。 ポリシーに応じて、これには次のものが含まれます:

  • 危機管理
  • 信用監視
  • データ侵害調査

適切な当局および関係者との透明性を確保する。

検討すべきインシデント対応計画がない場合は、まず州および連邦のデータ侵害法を確認し、必要に応じてそれらの事業体に通知してください。

州法で要求されている場合は、データ侵害を現地の法執行機関または消費者保護機関に報告してください。 顧客に信用の監視サービスを提供することを考慮しなさい。
また、データ侵害に関する発表を会社のウェブサイトに掲載し、該当する州の規制によって必要とされる場合は、影響を受けた個人に通知する必要が

データ保護はすべての人事担当者にとって不可欠

データ保護は、デジタル時代における組織の社会的責任の基本的な要素です。 これは、個人情報やその他の機密性の高いデータを収集、使用、または共有する組織にとって不可欠なコンプライアンス機能となっています。

顧客および従業員は同様に彼らのデータおよび私達がその機密性をいかに扱うかgoodstewardsであるために私達に彼らの信頼を置きます。 これをうまく管理することは、ビジネスを行う上での基本的な”テーブル”となっています。

データを扱っており、人事部門の近代化をお探しの方は、無料の電子雑誌”Derailed by data”をダウンロードして読んでください。 人材育成ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

lg